田中将大投手ことマー君と「CW-X」との出会いというと、2008年になりますね。
プロ野球選手として、2年目を迎えたマー君の頃にさかのぼることになります。

その頃のマー君は、プロのワールドで、シーズンを戦い抜く厳しさに直面していたのですが、
カラダの状態をととのえること=コンディショニングの重要さを意識しはじめていろいろと試行錯誤していたそうです。

ちょうど、そんなところに、「CW-X」のスポーツタイツ『STABILYX(スタビライクス) model』を自分で買って、
練習や、試合に着用していたみたいです。

腰・股関節、ふとももなど、投球時に負荷がかかる部位を適切にサポートしてくれると感じたみたいですね。

マー君は、かなり、「CW-X」スポーツタイツの機能性を評価して、現在までの継続的着用ということになっています。
「CW-X」のスポーツタイツを「カラダの一部であり、かけがえの無いもの。」と評価する田中将大投手なんです。

アスリートとして、さらに飛躍を目指す田中投手のコンディショニングを、「CW-X」が全面的にサポートします。

CW-X スポーツ スポーツタイツ HXY189 レボリューション ワコール Wacoal送料無料 %OFF セール …





 

テレビ朝日系「報道ステーション」で前の日に続いて、24日に、
テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28)とヤンキースの田中将大投手(26)との対談が実現した。

ダルが主に話をどんどん、進めていき、マー君が相槌をうつという、パターンが結構面白いですね。

そんな中で、大谷選手の話になり、大リーグにいくなら、どっちか1本に絞ってヤらなければ、
大リーグではやっていけないよね。。。。みたいな会話が進んでいきました。

ダルビッシュは、日本ハムに所属している大谷について「メジャーに行きたいなら“二刀流”は足を引っ張る。
絞らなければいけない。NO.1になる可能性ならピッチャー」と断言していましたね。

その上で「ヤンキースやろな」と将来の移籍先も予想したりもしまいした。

また大谷のスプリット・フィンガード・ファストボールの握り方にも触れて
「おまえのマネをしている」などと分析していました。

マー君はそうですかね。と相槌をうっていました。

この2人の会話が結構面白いですね。

参考までに載せておきます。

マー君とダルビッシュ、どっちがすごいと思いますか? マー君が、完封で19勝目を[スポーツ、アウトドア、車>スポーツ>プロ野球]マー君とダルビッシュ、どっちがすごいと思いますか? マー君が、完封で19勝目をあげて、おそらく沢村賞決定でしょうが、ダルビッシュと、どっちがすごい投手だと思いますか? ダルビッシュも、打線の援護があれば、20勝はいってたと思うのですが・・・ やはり、数字が示すとおり、マー君が日本のプロ野球を代表する投手ですか?

マー君は日本で最強のピッチャーと言えますか? http://headlines.yahoo.co.jp/h[スポーツ、アウトドア、車>スポーツ>プロ野球]マー君は日本で最強のピッチャーと言えますか? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131123-00000023-mai-soci こんな記事がありました。 マー君は日本で最強のピッチャーと言えますか? ダルビッシュも松坂も野茂もできなかった偉業なのですか? しかも今年はホームランが出やすいボールだったのですよね? ピッチャーにとっては最悪なボールだったので

マー君・楽天VS由規・ヤクルト 今日の見所はマー君楽天VS由規ヤクルトという本格[スポーツ、アウトドア、車>スポーツ>プロ野球]マー君・楽天VS由規・ヤクルト 今日の見所はマー君楽天VS由規ヤクルトという本格派の若武者対決ではないでしょうか? どちらも病み上がりで万全ではないのが残念ですが、それでも150kmの速球がビュンビュン飛び交う若さ溢れる試合になるのではないかと期待しています。 皆さんは今日の楽天Xヤクルト戦はどうなると予想しますか?





ヤンキースの田中将大投手こと、マー君がTBS系の大みそか特番の「KYOKUGEN2014」の収録で
彼の右ヒジが完全に治って万全だと自己アピールしたそうです。

大リーグの初年で、13勝をマークが、7月に右ヒジを痛めてしまって故障者シストに入った。

そして、9月には復帰したものの、成績はそれほどではなく、不本意なシーズンとなった。
しかし、オフの時期は11月中旬から投球を再開した。撮影前にも入念にキャッチボールを行って、一生懸命に準備をしていた。

「KYOKUGEN2014」の番組には、もう、これで、3年連続の出演となるのだか、
今回はホームベース上に置かれた6×6の36マスのボードにマウンドからボールを投げた。
同学年の広島で投げている前田健太と何球で抜けるかの球数対決したのだが。

繊細なコントロールが要求されるゲームだったが、その勝敗はというと、マー君の雄たけびが何度も聞こえたのでした。

収録後にマー君は「この時期にしては、珍しく思ったところに球が行った。去年よりいい状態かも」と満足そうな様子だった。
「キャンプに向けてしっかり準備したい」とメジャー2年目に向けて彼の意気込みを示した。

前田投手も大リーグへ行って活躍して欲しいと思うのですが、しかし、皆、メジャーリーグに行ってしまうと、
日本の野球界がからっぽになってしまうので、それは、やばいかなと思ったりしますが。。。

しかし、イチロー並とは言わないけど、80%凄い、イチロー並の素晴らしい野手が現れて欲しいものです。
なんとか、低迷気味の日本の野球界も人気をかつてのように取り戻して欲しいものですね。

10月18日発売予定予約 カレンダー 2015 壁掛け 田中将大 プロ野球 スポーツ プレゼントに予約 …





 

なげながら、少し、マウンドの上で経験をしてから、大丈夫かなという自信が出てくるのかなと
思っているらいいですね。

 マー君のブログをみてみると、
「1日経ちましたが、肘の状態などは良好です。」
と、書いてあるので、安心しました。

 奥さんの里田まいさんも相当嬉しかったみたいですね。
ブログには、その事について書いている部分が見つかりませんでした。

 でも、野球場での彼女の喜びようは半端じゃなかったですね。

 私としては、また、2,3試合投げてから、肘が痛くなるんじゃないかと
心配しています。

 ヤンキーズは、今さら、あがいても、めぼしい成績をあげれるわけでもないので、
ダルビッシュの様に今季はお休みという風にしてくれたら、いいのですがね。

 ま、経済効果を狙って、また、投げてもらうのでしょうけど。。。。

 それにしても、まいちゃんのエロっぽさは、凄いですね。

 アメリカの新聞でも、騒がれているようですが、早く、マー君ジュニアを身ごもって欲しいですね。
 イチローのところにも子供がいないので、残念ですね。
本当にもったいないですね。絶対、子供を持って、そのDNAを継続して欲しいですね。

頑張って。。。。。。。!!!!!!