米大リーグ所在でレンジャーズでプレーしているダルビッシュ有投手が
ヤンキースのマー君から、試合の前にスプリットの投げ方をなんとメールで聞いて、
練習もほとんどしないまま、試合で投げて、三振を取ってしまったという事がわかりました。

23日のテレビ朝日系の報道番組で、「報道ステーション」に出演して、
ソフトバンクの新監督である工藤公康氏の司会で対談をしたが、そのなかで、
なんと、シーズン中にダルがスプリット・フィンガー・ファストボールの投げ方をメールだけでマー君に聞いて、
たった一球だけのブルペンでの練習で、試合で投げていたということを話していましたね。

工藤氏が「普通の場合は、かなりの練習を積み重ねてブルペンで投げてみて、しっかりと落ちるようになってから
試合で試してみようかなあ、となりますよね」と驚いて、ダルの場合は「ブルペンでいくら自分でいいフォークだと思ったとしても、
もしかしたら、バッターから見たらいいフォークじゃないかもしれないなんて考えて、試合で1回投げてみたんですよ」などと平然に言っていた。

マー君も会話の中で、『えっ、今日投げるんですか!?』と驚いたみたいだ。

しかし、それにしても、さすが、ダルですね。たった、それだけの練習で試合で投げるなんて凄いですね。
しかも、三振まで取ってしまうのは一流の投手しかできないことかもしれませんね。

日本の誇れる投手達がお互いに刺激しあって、高め会うのは素晴らしい事だと思いますね。

野手は、イチロー、青木、などしかいないので、もっともっと、頑張っていただかないといけないのですが。
岩隈もいいし、投手陣は、来年も楽しみですね。

頑張っていただきたいものです。

【予約商品】【送料無料】【Mizuno Pro/ミズノプロ】2015年2月中旬お届け予定【1AJGH99301 田中…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation