右手首の炎症とさらにもう一つ、右前腕の張りがあるということで、
現在、故障者リストに載っているマー君が
5月10日、ヤンキースタジアムで、故障した後、3回目となるキャッチボールを行ったそうです。

記事参照⇒

    大リーグ:田中将大投手 キャッチボール80球

    日本でプレーしていれば、こういう風に怪我をする事は無かったとはいえませんが、
    少ない確率だったでしょうね。

    でも、これもマー君が選んだ道。。。

    絶対にこの怪我を克服して、あらゆるマスコミなどからの批判も乗り越えて、
    頑張ってもらいたいものですね。

    およそ、27メートルの距離でやや力を入れながら、フォームを確認して、約50球を投げたという事ですから、
    結構な練習量かなとは思うのですが。。。。

    私も中学校の時に野球部でピッチャーをしていましたが、
    80球なげるというのは、結構な運動になりましたね。

    ま、しかし、中学校とMLBの練習を比較する方がおかしいのですが。。。。

    去年の肘の故障以来、今年のマー君に私もちょっと、不安を残しながら見ている所が
    あるのですが、また、違う箇所を故障されると、その思いがますます強くなってしまいます。

    やはり、日本野球とアメリカの大リーグとでは、かなりの差があるのかもしれませんね。

    でもでも、それでも、どんな差があったとしても、マー君にNYヤンキースのエースとして、君臨して、
    オールスター戦にも出て、活躍してほしいですね。

    そして、再び、NYヤンキースを優勝させてほしいと思いますね。

    応援してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation