田中将大 右肘の状態は順調と語るも、地元メディアは不安視

のニュースの中で、地元のニューヨークのメディアでは、かなり猜疑的な目線でみているようですね。

 彼らの認識はじん帯は一度傷付くと自然再生はしない、というのが共通のようです。
幸いにも損傷の度合いが少なかったから、手術なしの保存療法を選択することが出来たが、
過酷なピッチングを続けたら、どうなるかわからない。といった感じですかね。

 私も、そう思ったりしています。
本当の所は、やはり、今年、投球してみないとわかならいのでは、ないのでしょうか?
勿論、NYヤンキースもいろいろな事を考慮にいれて、対策を練っているでしょうから。。。

 カギとなるのはやはり、宝刀スプリットの存在ということになりますね。
しかし、情報によると、新スプリットを開発しており、肘により、負担がかからないものらしいので、
その新スプリットを早くみたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation