アメリカの高級紙と言われているウォール・ストリート・ジャーナルが悲観的な見方を示している。

「ニューヨークのプロスポーツチームにとって、いい1年を」という見出しで特集記事を掲載しているのですが、
「2015年が2014年より悪くなることがあるだろうか? チームごとにグレーターニューヨークのスポーツを展望してみよう」
との副題も付けたりして、高級紙特有の独特の表現で、ニューヨークにベイスとして、活動している各スポーツチームの今季を占っている。

去年は最悪の年だったとしながらも、マー君に関しては、賞賛しているような事を書いていますね。

 アメリカの4大スポーツにおいて、昨年は、本当に、ニューヨークのチームには元気がなかった。
これが回復するとは思えないような感じで記事を書いていますね。

ヤンキースに関しては、
「今、ヤンキースファンになると、希望と永遠の欲求不満の間の奇妙な場所に身を置くことになる」
などといっている。

 マー君に関しては、 

「昨冬の大型契約は、タナカを除いて全て落胆させるものだった」
「(若手を獲得しても)興奮するには重荷がありすぎる。昨冬の大型契約(カルロス・ベルトラン、ブライアン・マッキャン、ジャコビー・エルズベリー、マサヒロ・タナカ)は、タナカを除いて全て落胆させるものだった。(タナカが)肘の靱帯に部分断裂(決して自然治癒しない断裂)を受けたとしても」

 なんて書いていますね。

つまり、マー君だけが、希望だったということですよね。

凄いです。

兎に角、来月には、練習も始まるようですし、ニューヨークスポーツ界に人気を取り戻す、
期待の救世主として、マー君には、是非、頑張って欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation