右肘靱帯部分断裂の怪我で故障者リスト入りしてしまったマー君でしたが
やっと、21日(日本時間22日)、本拠地であるブルージェイズ戦でファンとしては、待ちに待ったメジャー復帰しました。

ちょっと、早すぎではないかという意見もあちこちで聞こえていましたが、
日本時間で今朝、2時ごろから、試合がはじまりました。

なんといっても、75日ぶりのメジャーのマウンドなので、皆から心配されていましたが、
5回1/3投げて、結果は、5安打1失点4奪三振無四球と好投してくれました。

この勝利は、7月3日のツインズ以来13勝目になります。
すべての球種を使って投球をし、肘に負担がかかるとされている?宝刀のスプリットもしっかりと投げた。
70球を投げてストライクは48球とコントロールの良さも負傷前と同じように回復されていました。
ちなみに防御率は2・47となりました。

久々に田中が戻ってきたということで、試合前、ももクロのテーマ曲が流れ、右腕がダッグアウトからマー君が駆け出してくると、
ヤンキースタジアムが大きな歓声に包まれた。そんな中、マウンドの土を手に付け、プレートから左足を踏み込む位置まで歩数を測る。
いつも通りの仕草で準備した。

しかしながら、立ち上がりは流石のマー君にも硬さが見られたりして、
レイエスへの復帰初球は148キロの直球となり、外角高めに浮いたものの十分な早さがありましたね。
2ボール1ストライクとなってから、次のボールが真ん中に甘く入って、145キロの速球ではありましたが、
右前にヒットを打たれてしまいました。

続くバティスタにも、外角に再び右前に持って行かれたりして、立ち上がりはちょっと不安がありましたが、
最終的には終わってみると、1失点だけで、本当にかえって来たウルトラマンという感じのマー君でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation