ヤンキース田中に長男誕生したという事で、穏当に良かったですね。
イチロー選手には、子供がいないので、残念なのですが、マー君に2世が誕生して
本当に良かったと思います。

将来、マー君を超える選手になってくれたら、いいですね。
期待が膨らみます。

ヤンキースの田中将大投手(27)の第1子となる長男が15日午後1時36分に誕生した。夫人でタレントの里田まい(31)がニューヨークで出産した。3360グラムで、母子ともに健康。球団広報が同日発表した。

 

マー君(27)と夫人でタレントの里田まい(31)の間に第1子となる長男が15日午後1時36分に誕生したことがわかりました。

子供は、ニューヨークで出産したそうです。これで、大人になるまでは、日本人とアメリカ人の両方のパスポートが持てますね。
それは、ともかく、赤ちゃんは、3360グラムで、母子ともに健康で良かったです。

マー君は19日から始まる春季キャンプに備えて、11日にニューヨークの自宅から米フロリダ州タンパに飛んでいました。、
なので、赤ちゃんが生まれた時には、自主トレーニングを行っていて、
15日に里田に出産の兆候がみられたのを確認し、ニューヨークへ逆戻りして、病院で出産に立ち会うことが出来たということです。

19日以降の出産になる可能性もあったようで、
「(出産に立ち会うため)初日にキャンプにいられるのかどうか。そわそわしている」と話していたのですが、
どうやら、キャンプ前に間に合ったようで良かったと思います。

数日間、ニューヨークに滞在したあと、キャンプインに合わせて再びフロリダに戻る予定です。





ニューヨークヤンキースの田中将大こと、マー君の次回の登板は4日(日本時間で5日)ですね。

先回、2015.7.29(現地時間)レンジャーズ戦では、先発登板して負けちゃいましたね。
マウンドに立って投げているときのマー君は、なんかむつっとしていて、大丈夫かなと思ってしまいます。

かなり、今後の事を心配しちゃいましたが、マー君は、快調ですと言っているのでこころ強いですね。

今度の試合は、本拠地ヤンキー・スタジアムで行われるレッドソックス戦になりますが、
マー君は、ホワイトソックス戦の前の練習後に取材に応じてくれました。

そこて彼は、開口一番、「快調です」と笑顔を振りまいたので、どうやら、
前回登板の7月29日(同30日)のレンジャーズ戦は6回9安打4失点で黒星を喫したが、
しっかりと切り替えているようです。

参考にどうぞ!

結局、何が違いマー君とハンカチ王?[アンケート]マー君がメジャー2勝目を8回、10奪三振で成し遂げた。 一方の斉藤君は故障上がりながら頑張っているが未だ一勝もできていない。 あの甲子園での二人はドラフト会議の注目の的であった。 …

田中マー君 メジャーで苦しんでる様ですね? 150キロが精一[ス ポーツ、アウトドア、車|スポーツ|プロ野球]田中マー君 メジャーで苦しんでる様ですね? 150キロが精一杯 日本でもその位の球威だったろうか? 元々、変化球投手で力で抑えるタイプではなかった? 楽天時代の酷使、シリーズでの連投、 関係あるかな? だとして、 星野監督さん、マー君の特攻隊精神を利用したのかな? 星野監督は詫びる精神とかは無いかな?

 





アメリカ時間の5月12日にマー君が故障者リストに入って以降、初めて、
ブルペン入りをした模様です。

田中、故障後初ブルペン=力感あふれる30球—米大リーグ・ヤンキース

私的には、急がなくても、じっくりと、怪我を感知してから、
また、頑張り始めて欲しいという思いですね。

かといって、多額の契約金をいただいて、ヤンキーズに入団したわけだから、
やはり、なるべく早く、投げ始めて、欲しいというのが球団側の思いでしょうね。

この時、チームが遠征していた、レイズの本拠地のセントピーターズバーグで、
ノーワインドアップと更に、セットポジションからそれぞれ15球ずつ、合計で30球を投げたみたいですね。

本当に大丈夫だったんですかね?

とても、心配ですね。

スプリットやスライダーなども、交えて、投球練習をしたというのですから、
かなりの負担のかかる投球ですよね。

マー君の感想は、
「最初なので様子を見ながらという意識はあったが、自然と(腕が)振れていくという感覚があった。
1回目にしては力を入れてしっかりと投げられた」

と言っていたみたいです。

ところで、昨日、店に来ていたお客さんとこの事に関して、話したのですが、
アメリカのMLBの制度というよりは、日本での、過激な投げ込みが原因だったのではないか
という、話も出てきて、おお、なるほどな と思ったりしました。

今までは、アメリカが悪い、MLBが悪いとばかり思っていた私にとっては、
目から鱗的な話の内容でした。

確かに楽天が優勝した年にかなり、マー君が無理をして、投げていたような気がします。

ま、どちらにしても、ここで、怪我はおわり、、、みたいな感じになるまで、あんまり無理はしないように、
してくださいね。

もう、現地の人から、こんな事を言われるのは嫌ですよね。

【野球】マー君DL入りに「やっぱりね」「大金払ってリターンは少しだけ」現地ファンからも落胆の声





右手首の炎症とさらにもう一つ、右前腕の張りがあるということで、
現在、故障者リストに載っているマー君が
5月10日、ヤンキースタジアムで、故障した後、3回目となるキャッチボールを行ったそうです。

記事参照⇒

    大リーグ:田中将大投手 キャッチボール80球

    日本でプレーしていれば、こういう風に怪我をする事は無かったとはいえませんが、
    少ない確率だったでしょうね。

    でも、これもマー君が選んだ道。。。

    絶対にこの怪我を克服して、あらゆるマスコミなどからの批判も乗り越えて、
    頑張ってもらいたいものですね。

    およそ、27メートルの距離でやや力を入れながら、フォームを確認して、約50球を投げたという事ですから、
    結構な練習量かなとは思うのですが。。。。

    私も中学校の時に野球部でピッチャーをしていましたが、
    80球なげるというのは、結構な運動になりましたね。

    ま、しかし、中学校とMLBの練習を比較する方がおかしいのですが。。。。

    去年の肘の故障以来、今年のマー君に私もちょっと、不安を残しながら見ている所が
    あるのですが、また、違う箇所を故障されると、その思いがますます強くなってしまいます。

    やはり、日本野球とアメリカの大リーグとでは、かなりの差があるのかもしれませんね。

    でもでも、それでも、どんな差があったとしても、マー君にNYヤンキースのエースとして、君臨して、
    オールスター戦にも出て、活躍してほしいですね。

    そして、再び、NYヤンキースを優勝させてほしいと思いますね。

    応援してます。